○○はじめちゃいました
ゲーム、漫画、その他の雑記かな。気軽に見てってくださいね~
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やっぱりハルヒすごい! 「ライブアライブ」
2006年06月21日 (水) 17:15 | 編集
ブログを放置しすぎだと友人にいわれましたw

最近ちょっと忙しくて…
それはそうと、本当にハルヒすごい。
バニーガールの衣装でこんないい曲を演奏するなんて驚きですw

挿入歌の「God knows...」「Lost my music」
両方ともすごいよかった。バンドって感じの曲に仕上がってるし、平野綾さんの歌唱力も高いし。

残すは@2回となってしまったけど、後2回も楽しませてもらいましょう。

スポンサーサイト
BLOOD+ 第28話 「限りあるもの」
2006年04月23日 (日) 14:46 | 編集
20060423143100.jpg

「初めて、私達のこと、わかってくれそうだった
 私達、誰かの思い出に、なれるかな
 誰かの記憶に残らなければ、その人の生きてきたことは消されてしまう
 それが、やっとわかったの」

その通りだよね。生きた証というのは、一部の天才とか活躍した人物
以外は、自分のことが誰かの記憶に残っているかどうかだと思います。
イレーヌはカイと話したことによって、それに気づいたわけです。

これまでは、このまま死ぬのは我慢できないから、ただ生きるために
小夜の血を狙っていたシフ達だったが、カイのおかげでイレーヌはやっと
生きる目的を見つけた。しかしもう生きられる時間はそう長くない。
ソーンは確実にイレーヌの体を蝕み、それを直すため他のシフ達は
小夜を狙う。とそこで、カイがイレーヌを助けるため血を分けてやって
欲しいと小夜に懇願する。
はたして、小夜はどうするのか?そして本当に小夜の血でイレーヌは
助かるのか? とそんな感じの回でした。

俄然面白くなってきましたねBLOOD+
第一期と第二期は正直そんなに面白いと思わなかったけど
リクがシュバリエになったり、カイがシフ(イレーヌ)を助けようとしたり
面白くなったとオレが感じるのは、この予想してなかった展開のせいでしょうね。

最近は毎週のBLOOD+が楽しみになりました。
来週も期待できそうな展開になりそうですね。
涼宮ハルヒの憂鬱 第2話 「涼宮ハルヒの憂鬱Ⅰ」
2006年04月12日 (水) 00:11 | 編集
20060412000409.jpg

「あ!そっかぁ…わかりました。」
朝比奈みくるは何かを理解した!

原作読んでないですけど、ハルヒ面白いですね。
しかも音楽(OP、ED)、映像、話しの進行、どれも高クオリティですb

キョンがハルヒに後ろに引っ張られて、机に頭を打つシーンなんて
面白すぎて10回以上は見てるかもw

ハルヒの勝手気ままな行動がこのアニメを支えてると言えるようです。
あと、キョンの語りも表現がすごく上手でいい感じ。
これは、今後も期待せざるをえないアニメです。
Fate/stay night 第14話 「理想の果て」
2006年04月09日 (日) 13:10 | 編集
20060409123810.jpg

よかった。今回はよかったよフェイト!
正直ほとんどの回がつまらなかったけど
  アーチャーVSバーサーカー
をちゃんとアニメでやってくれたことが嬉しかった。

以下ネタバレですよっと。
≫ "Fate/stay night 第14話 「理想の果て」" の続きを読む...
涼宮ハルヒの憂鬱 第01話 「朝比奈ミクルの冒険」
2006年04月04日 (火) 12:59 | 編集
ライトノベルとかまったく読まないので
原作をまったく知らないで見ました。

まずはOP…
これはすばらしいw
はずかしい感じに嫌々歌ってる感をここまで再現して歌うって
かなりすごいと思う。映像も何となくもじもじ感あってイイ
そして「恋のミクル伝説」は電波ソング間違いなしw 保証いたします

そして内容ですが
終始、登場キャラの台詞が棒読みでのっぺら~とした感じだったので
ちょっと笑ってしまった。半分すぎたくらいからちょっと退屈しだしたが
これは涼宮ハルヒが作った映画っていう設定だったからなんだね。

次回はまた違う感じになるみたいなので、期待しとくかな

最後ED
OPとはうってかわってすばらしい歌唱力でした。
いあ、OPも相当な歌唱力がないとあの歌い方はできないと思うがw
映像のパラパラ?もいい動きしてたし。

さぁ、ではまた~
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。