○○はじめちゃいました
ゲーム、漫画、その他の雑記かな。気軽に見てってくださいね~
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BLOOD+ 第28話 「限りあるもの」
2006年04月23日 (日) 14:46 | 編集
20060423143100.jpg

「初めて、私達のこと、わかってくれそうだった
 私達、誰かの思い出に、なれるかな
 誰かの記憶に残らなければ、その人の生きてきたことは消されてしまう
 それが、やっとわかったの」

その通りだよね。生きた証というのは、一部の天才とか活躍した人物
以外は、自分のことが誰かの記憶に残っているかどうかだと思います。
イレーヌはカイと話したことによって、それに気づいたわけです。

これまでは、このまま死ぬのは我慢できないから、ただ生きるために
小夜の血を狙っていたシフ達だったが、カイのおかげでイレーヌはやっと
生きる目的を見つけた。しかしもう生きられる時間はそう長くない。
ソーンは確実にイレーヌの体を蝕み、それを直すため他のシフ達は
小夜を狙う。とそこで、カイがイレーヌを助けるため血を分けてやって
欲しいと小夜に懇願する。
はたして、小夜はどうするのか?そして本当に小夜の血でイレーヌは
助かるのか? とそんな感じの回でした。

俄然面白くなってきましたねBLOOD+
第一期と第二期は正直そんなに面白いと思わなかったけど
リクがシュバリエになったり、カイがシフ(イレーヌ)を助けようとしたり
面白くなったとオレが感じるのは、この予想してなかった展開のせいでしょうね。

最近は毎週のBLOOD+が楽しみになりました。
来週も期待できそうな展開になりそうですね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。